マーチンゲール法とモンテカルロ法に適したゲームとは

マーチンゲール法とモンテカルロ法はそれぞれ利用できるゲームがあります。
その中でも、特にオンラインカジノにおいて、それぞれの攻略法に適したゲームは何でしょうか?
今回は、マーチンゲール法とモンテカルロ法のそれぞれの対応ゲームのうち、特に適したゲームをまとめました。
 
これを読めばきっと、マーチンゲール法とモンテカルロ法をオンラインカジノでプレイする場合、どのようなゲームで攻略していけばいいかの目安となるでしょう。

攻略法を使うゲームによって利益が左右される

攻略法を使うゲームによって利益が左右される
一般的にマーチンゲール法は2倍配当のゲーム、モンテカルロ法はその2倍配当のゲームに加えて3倍配当のゲームが適しているといわれています。
この2倍ゲームといっても大まかに紹介されるゲームとしてルーレット、バカラ、ブラックジャックなどがあります。
 
しかし、バカラに関しては、バンカーの方が勝率が若干高く、しかも厳密に2倍の配当が得られるわけではありません。
そのため、バカラでマーチンゲール法とモンテカルロ法を利用した場合、マーチンゲール法では勝っても損失が出るリスクが生じ、モンテカルロ法では利益が損なわれる可能性もあります。
 
このように一見2倍配当のゲームだからといっても、マーチンゲール法やモンテカルロ法を安易に利用できないケースも挙げられるのです。
こうした点も考慮しながら、マーチンゲール法とモンテカルロ法に適したゲームとはどんなゲームなのか、オンラインカジノに絡めてお話ししていきます。

マーチンゲール法に適したオンラインカジノのゲームとは

マーチンゲール法に適したオンラインカジノのゲームとは
マーチンゲール法に適したオンラインカジノのゲームは、ルーレットです。
ルーレットといってもオンラインカジノではとてもたくさんの種類があり、マーチンゲール法に適したルーレットは、ある程度限られてきます。
その条件としてベット額の幅、ヨーロピアンスタイル、そしてゲームテンポ、さらにライブカジノでないという点です。

ベット額の幅は、マーチンゲール法を利用するうえで重要な要素です。
マーチンゲール法は最終的に一回でも勝てば、必ず損失が取り返せて利益が出る攻略法です。
しかし、その一回の勝利に至る前に資金が尽きたり、ベット金額の上限が来るといった理由から継続できなくなるケースが少なくありません。
こうした状態を回避するのにベット額の幅は重要なのです。
 
例えば、最小ベット額が大きすぎると、一気に要求されるベット金額が上昇して資金が付きます。
そのため、最小ベット額が少ない方が自分の資金量に合わせてマーチンゲール法を継続しやすくなります。
また、最大ベット額が少なすぎると、一気に上限がやってきてマーチンゲール法が継続不能になるのです。
こうした理由から、なるべく少ない最小ベット額となるべく多いベット額といった幅の広いルーレットが適しています。
 
オンラインカジノのルーレットを探せば0.1~5,000ドルという非常に幅の広いルーレットもあるので、そういったルーレットが適しているといえるでしょう。

ヨーロピアンスタイルである点も重要です。
オンラインカジノでは、ルーレットの数字が0~36までのヨーロピアンスタイルや、そこに00が追加されたアメリカンスタイルがあります。
お気づきの方も多いと思われますが、ヨーロピアンスタイルの方が2倍配当でベットした場合、当選しやすい計算です。
そのため、マーチンゲール法をテンポよく行いたい場合は、ヨーロピアンスタイルの方が速く完結する可能性が高くなります。
マーチンゲール法はいくら負けても、成功した際の利益は変わりません。
そのため数を稼ぐために、勝ちやすいヨーロピアンスタイルの方が適しているでしょう。

ゲームテンポも重要です。
先ほど触れた通り、マーチンゲール法はゲーム数を稼ぐ点がポイントになります。
そのため、一回のゲームをより速やかに終わらせて利益を重ねていく必要があります。
そういった意味で、ゲームテンポの速いルーレットを選びましょう。

同様にライブカジノでないルーレットを選ぶのもポイントです。
確かにライブカジノでもスピードを売りにしたルーレットがあります。
しかし、人の手によるルーレットなので限界がある点やこちらのペースに合わせてくれません。
自分のペースで、しかもスピーディーにルーレットをプレイするには、ソフトウェアゲームタイプのルーレットが適しています。

モンテカルロ法に適したオンラインカジノのゲームを紹介

モンテカルロ法に適したオンラインカジノのゲームを紹介
モンテカルロ法に適したオンラインカジノのゲームも同じくルーレットです。
しかし、マーチンゲール法と異なる点として、条件が緩くなります。
その条件とは、最小ベット金額、スピード調整ができるといった点です。

マーチンゲール法と異なり、負けた分だけ利益が微増していく特徴を持っているのがモンテカルロ法です。
そのため、ゲーム数を一気に稼いでコツコツ利益を重ねるスタイルでなくても利益が出せます。
ただ、徐々にベット金額が増していく点や、3倍配当のルーレット(コラムやダズン)でプレイした場合は連勝しにくいため、長丁場になるケースもあります。
そういった意味で、最小金額が少なめのルーレットが適しています。

スピード調整ができるルーレットという点も重要です。
ライブカジノの方がルーレットは楽しいですが、どうしても自分のテンポで進められません。
モンテカルロ法は特にメモを利用するなど、若干次のルーレットまで時間がかかるため、自分のペースで行う必要があります。
そのため、スピード調節してゲームを進めていった方が計算ミスなくモンテカルロ法ができます。

このようにマーチンゲール法とモンテカルロ法は求めるルーレットのタイプが異なる点に注目しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。